NEWS / INFO.

Dec.25 2018 「ブラジャーVSレーシングカー」が出版されました。


これを因果応報と言うのでしょうか? 好き勝手に生きてきた我儘な人生の末路に降りかかってきた想像を絶する不幸な出来事については、私も以前から「信じる者は掬われる」という表題で実態を訴えてきましたし、第三書館から「クラッシュ」「クラッシュⅡ」というドキュメンタリー本が出版されていますが、「信じる者は掬われる」は当ホームページからの発信ですから訴求力に乏しく、「クラッシュ」「クラッシュⅡ」は第三者のライターの著作なので私の言いたい事を伝えきれていなかったので、隔靴掻痒な状態が続いていました。
この間に、洋子との熾烈な戦いは裁判での敗訴が続いて、世間には、ますます誤解が拡がっていましたので、たまりかねて私自身の筆で真実をあからさまにする事を決意して執筆したのが「ブラジャーVSレーシングカー」です。
裁判や司法に関して考えが変わります。善良な隣人が牙をむき出しにしてくる恐怖はホラーそのものです。
ぜひ、ご笑覧ください。
「ブラジャーVSレーシングカー」 出版「第三書館」 林みのる著 定価1500円+税

NEWS / INFO.

Nov.26 2016 「童夢 “ゆめ” を “かたち”に」が開催されました


2016年10月8日から、名古屋の「アウト ガレリア “ルーチェ”」で、いわば「林みのる展」とも言うべきイベントが開催されました。もう隠居老人である私としては何ともおもはゆい気持ちで恐縮するばかりですが、テーマとしては、童夢に至るまでの私の足跡を、実車や写真や映像などにより解りやすく展示していただきました。

【左】「カラス」「MACRANSA」「童夢-零」「童夢P-2」の展示。
【右】オープニング・セレモニーで、ちょっと講釈をたれています。

【左】オープニング・セレモニーに参加してくれた友人や近所のおっちゃん。
【右】何故か、社外持ちだし禁止の恥ずかしい資料も展示されています。

【左】「カラス」は昨年の私の引退パーティ「童夢の終わりと始まり」の為に復刻したものです。
【右】「MACRANSA」も復刻したものですが、こちらはヒストリック・レース仕様です。

NEWS / INFO.

Dec.26 2015 「クラッシュ」という本が刊行されました。

本事件は、いわば骨肉の争いであり、離婚に伴う資産の奪い合いに過ぎませんから、何とか穏便に収めようと努力してきたものの、それはもう、個人間の損得の問題を超越し、私と童夢の最後の夢であった公道を走るスポーツカー開発を破たんに導き、童夢の継承に陰を差し、あまつさえ、私個人の名誉を損なうような極めて理不尽な誹謗中傷を流布されて、とてもじゃないが看過しかねる状況に至っていたところ、この騒動を聞きつけた出版社とライターから取材の申し込みがありましたので、私も、ある意味、気持ちの上で限界に来ていましたから、この際、全てを詳らかにして、一方的な私にとって不利な噂の拡散に歯止めをかけたいとの思いが募り、取材に応じました。
ライターは、思った以上に詳細な取材を行い、どうしても元嫁側の意見も聞きたいと何度もチャレンジしたようですが、完全なる取材拒否を貫かれたようで、結果、私への取材と私の提示した資料が中心となった構成になっています。
最初、ライターは「元嫁側の災難」という視点も持ち合わせていたようですが、途中から、とても私の人生や生き様に興味を持っていただいたおかげで、半分は私の伝記のようになってしまっています。
私にとっては、人生の最後に至って、つまらない路傍の石に躓いて頭を強打したような災難ですが、何よりも、元嫁側の嘘八百の誹謗中傷が独り歩きし、本来は被害者である私が、まるで加害者であるかのごとき誤解が世間に広がっている実情と、それが金がらみであることの忸怩たる思いがやり切れませんから、少しでも多くの方が、この「クラッシュ」を読んで、その実態を理解していただければありがたいと思っていますし、そういう意味で、著作者と出版社には感謝しています。

クラッシュ

「クラッシュ」第三書館 丸山 昇著 1800 円+税

「クラッシュⅡ」第三書館 丸山 昇著 1500 円+税

NEWS / INFO.

Jul.15 2015 「童夢ホールディングス」創立

2015年は、私にとっては、「童夢」を譲渡したり、私が引退したり、大きな節目の年となりましたが、少し、その後の状況を説明しておきたいと思います。
>>may.01 2019 「ブラジャーVSレーシングカー副読本」でも説明していますように、不測の事態により、「童夢」の委譲は予定通りには実施できなくなっていましたが、それでも井川高博は強く譲渡を希望していましたから、強力なファイナンシャル・アドバイザーや弁護士などに協力を依頼して作戦を練り、不要な妨害を受けない形を作りました。
その為、「童夢」を譲渡したのちに、結果的に、残った資産の管理会社として「童夢ホールディングス」という会社が残ることになりましたが、実質、ほぼペーパー・カンパニーのような会社です。
私は代表取締役を辞任して退職金を受け取っていますから再登場できませんので、家内の睦美が社長となり、私は平社員として所属しています。
本社屋は自宅の片隅に建築したガレージの二階の事務所となっていますから、つまり、同一敷地内です。
目的があったといえ、好きな仕事で利益を上げていた会社を売却してしまった訳ですから、これから新たに何かをするということはありませんが、実入りが無いと干上がりますから、あこがれの不労所得を目指して不動産の賃貸業でも始めるつもりです。


株式会社 童夢ホールディングス 
代表取締役社長 林睦美
〒606-8264 京都市左京区北白川小倉町50番地148

NEWS / INFO.

Apr.18 2013 「Separation→Divorce→Move」

あっと言う間に桜の花は散ってしまいましたが、私の散りぎわは桜ほど潔いよいものにはならず、いろいろと心穏やかならぬ展開にガラス細工のような私の心がズタズタに傷ついているのを、私の周囲の人達は誰一人として気づいてくれないまま、独りストレスを抱えて夜の街をさまよう日々が続いていました。
しかし、不本意な妥協を余儀なくされながらではありますが、私はこの4月15日に4回目の独身に復帰し(つまり3ペケ)、住まいも変わりましたのでお知らせします。

当時の住所は転居により関係なくなりましたから、削除します。