NEWS / INFO.

Jul.15 2015 「童夢ホールディングス」創立

2015年は、私にとっては、「童夢」を譲渡したり、私が引退したり、大きな節目の年となりましたが、少し、その後の状況を説明しておきたいと思います。
>>may.01 2019 「ブラジャーVSレーシングカー副読本」でも説明していますように、不測の事態により、「童夢」の委譲は予定通りには実施できなくなっていましたが、それでも井川高博は強く譲渡を希望していましたから、強力なファイナンシャル・アドバイザーや弁護士などに協力を依頼して作戦を練り、不要な妨害を受けない形を作りました。
その為、「童夢」を譲渡したのちに、結果的に、残った資産の管理会社として「童夢ホールディングス」という会社が残ることになりましたが、実質、ほぼペーパー・カンパニーのような会社です。
私は代表取締役を辞任して退職金を受け取っていますから再登場できませんので、家内の睦美が社長となり、私は平社員として所属しています。
本社屋は自宅の片隅に建築したガレージの二階の事務所となっていますから、つまり、同一敷地内です。
目的があったといえ、好きな仕事で利益を上げていた会社を売却してしまった訳ですから、これから新たに何かをするということはありませんが、実入りが無いと干上がりますから、あこがれの不労所得を目指して不動産の賃貸業でも始めるつもりです。


株式会社 童夢ホールディングス 
代表取締役社長 林睦美
〒606-8264 京都市左京区北白川小倉町50番地148