COLUMN / ESSAY

日本に童夢があって良かった! <FIA-F4生産に参入するぞ!>

朝からずっとパソコンに向かい、日本が外国にばらまいている支援金などの詳細を調べているが、断片的な情報が錯そうしているだけでなかなか実態が見えてこない。きっかけは、10年くらいも前に、未だに中国にODAをしていると聞いてあり得ないと思ったが、事実だった。
それからかなり時間が経った今、ある本を読んでいて、まだ中国に金を払い続けていると書いてあるのを見て、10年前の1000倍くらいあり得ないと思って仰天したが、嘘八百を書くような本でもないので、念のために調べているという訳だ。
ディスプレーには、ミャンマー、チェニジア、インドなどの国名と共に巨額の数字が並ぶが、なかなかその全体像や実態は見えてこないから、午後は紙の資料を追及する予定だが、一方、国内には2年半も前の震災の被害者が未だに数十万人も避難生活を余儀なくされている現実もあれば、福島の原発が廃墟のような姿を晒したまま放射能汚染水を垂れ流し続けていたりもするし、単純に、そんな散財をしていられるような状況なの?と思う上に、
復興予算が好き放題流用されていたり、消費税増税と共に予算規模が200兆円におよぶ国土強靭化計画が自民党から土建屋への手土産にぶち上げられたり、32個も「その他」の付いた何でも有の秘密保持法が、たいした抵抗もなく審議が進んだり、一流のホテルやデパートまでが偽装表示をしていたり、とにかく、私はこの国の事がよく解らなくなってきている。

特に、無限の本田社長やホリエモン、漢検の大久保君やエリエールの井川元会長や普通に善良なるその他の親しい友人たち、まあ、多少は道を誤った奴もいるが、ほとんど他人に迷惑をかけていないような人たちが、いとも簡単に監獄にぶち込まれていく現実を横目で見ながら、福島の事故でこれほど多くの国民がいつ果てるとも知れない多大な迷惑をこうむっているにも関わらず、それを推進してきた政治家や当事者である東電の誰一人として起訴もされない現実は、正義の概念すらもあやふやになってきて、ますます、この国の事が解らなくなってくる。

そんな日本の、それも、小ぢんまりとし過ぎて目立ちもしない自動車レースの世界においても、私にとっては解らない事だらけだったけれど、こうして世の中の動きを見ていると、レース界だけが特別に劣化している訳ではなく、ここにも平均的な日本の現状が反映されていることがよく解り、ちょっとやそっとでどうなるものではないと、ますます絶望感が深まっていく。

思うに、概して私の人生はツイていたと言えるだろう。ルーレットの一点張りを続けるような冒険的な人生だったが、かなりの確率で成功しているから今日がある、つまり、運が良かっただけだが、最もツイているのは、世間やレース界に絶望を深めている現在、私はもうジジイだから成す術もなくグチるしかない事だ。
これが壮年期だったら、とても黙って見過ごすことは出来なかっただろうから車造りに専念していられなかっただろうし、徒労な努力を続けて、かなり無駄な人生になっていた可能性は高い。

そんな、失意の果てに半隠居を決め込んでいた私にとっても、さすがに看過しかねる出来事が勃発したが、日本のレース界のあまりのリアクションの希薄さにたまりかねて、生臭れのゾンビみたいに少し動き出してしまった。

詳しくは、先般、当ホームページに掲載した「小型黒船の来襲<FIA-F4がやってくる>」 を参照いただきたいが、その後の状況を観察していて解ったことは、日本で、このFIA-F4の台頭に危機感を抱いているのはほぼ私だけであり、ほとんどのレース界の人たちにとっては安い外国製入門フォーミュラの出現は歓迎すべき事であるという能天気な現実だ。
HONDAのF1挑戦やR380やTOYOTA7の活躍などの黎明期の日本の自動車レースの輝きを色褪せたものにしていったのは、本質的には、日本の自動車レースの金主である自動車メーカーの不見識に尽きる。このあたりの自動車メーカーへの悪口は、TOYOTAの「GAZOO RACING」のコラム「クルマとモータースポーツの明日 9人の提言<林みのるの提言>」でさんざん罵倒しているので参照していただきたいが、以下に抜粋を掲載しておく。

「日本の自動車レースのほとんどの資金源は自動車メーカーであり、各自動車メーカーの担当者がその使い道を裁量するが、これらの人は数年で配転となるから絶えず素人が采配を振っていることになる。一方のレース界には何十年と経験を重ねている人が大勢いるから、土台、話は噛み合わないはずなのだが、なにしろ、片や金を出す方で、片やそのお金が無くては生きていけない立場なのだから最初から勝負にはならない。
結果、「子供たちに夢を」とか「公平に勝とう」とか、自動車メーカーの素人の担当者が理解しやすいような安易な提案の出来る人が重宝され、小難しい話は敬遠されがちだから、おのずから日本の自動車レースは「ドライバーの育成」と「プロレス」だけになってしまった。
自動車メーカーにも、レース畑に長くとどまっている人もいるのに、どうしていつまでもこのような素人っぽい発想しか出来ないのかと不思議でならないが、自動車メーカーと長く付き合っていると解ってくるのが大企業のサラリーマンの特性だ。
彼らは、出過ぎたことをして汚点を残したくないものの、何もしないと評価もされないというジレンマの中で絶えず揺れ動いているから、本質的に、勝敗と責任の所在が明確な勝負事が苦手だ。だから、自動車レースに対しても、ドライバーの育成というようなワンクッションおいた取り組み方を好むようになるし、レースでも真剣勝負を避けるように複雑怪奇なシステムを考え出し勝敗の行方をあやふやにする。
つまり、自動車レースが歴然とした勝負事であるにかかわらず、勝敗という本質的な要素から逃避した形でしか取り組まないから、自動車レースは自動車レースで無くなるし、そんなレースをいくら続けていても、素人はいつまで経っても素人だ」

このように、担当者がコロコロと変わる自動車メーカーはしょせん素人なんだから、と言うことは、レース界が自動車レースの未来を見据えた建設的な提言を続ければその方向に誘導できたはずであるのに、では、誰が日本のレース界をこれほどまでに疲弊させてきたかと言えば、その真犯人はドライバーのOB連中である。
現在の日本のレースは、金の出どころこそ自動車メーカーだが、あらゆる手管でその自動車メーカーから金を引っ張り出しているのはこのOB連中であり、走ることしか能の無かった彼らが考え付くのは「ドライバー育成」だけだから、それが、前述した自動車メーカーのサラリーマンの出過ぎず埋もれずの感性と調和した結果、日本の自動車レースはそれが全てであり、それしか無くなってしまったという訳だ。
彼らはドライバーなんだから、自らの業績を誇りそれを後進に伝えたいと願うのは当然だと思うし、中島悟が、鈴木亜久里が、金石勝智が、関谷正徳が、「子供たちに夢を」と叫ぶのは理解できるが、それでも、何十年も日本のレース界を見てきているのだから、リタイアしてレース界に残るのなら、単なるドライバーOBの食いっぷちの獲得に汲々とするだけではなく、レース界全体を俯瞰して発展的な未来に誘導するくらいの見識を持ってもらいたいものだ。
これじゃ、アントニオ猪木と馳浩と橋本聖子と谷亮子とが中国が勝手に決めた航空識別圏への対応を協議しているようなもので、この体たらくは、当然と言えば当然だ。

何が、半分は地面に埋まっていたゾンビを起き上がらせたかと言うと、詰まるところは日本人としての誇りだ!
「小型黒船の来襲<FIA-F4がやってくる>」で述べたように、このFIAの企みを座視していると、結果的に、日本のレースに使うレーシングカーは全て外国製になってしまうし、そうなれば、当然、自動車レース産業と技術は壊滅するし、なによりも、東南アジアに先んじること50余年のアドバンテージを誇る日本の自動車レースの歴史は元の木阿弥、ふりだしに戻って、東南アジア諸国と全くイコール・コンデションのもと、ヨーロッパから与えられるレギュレーションとレーシングカーによるレースを受け入れざるを得なくなる。
まあ、ドライバーOBの頭で考えることと言えば、「東南アジアで交流戦ができるね」くらいの話だが、その横で、本来は自分たちの表舞台を構築しているはずの産業構造が崩壊しつつあることや、その原因が自分たちの我田引水で狭量な思考回路であることには全く気が付かない。ドライバーだから。

毎日、募るイライラを押さえつつ日本のレース界を観察していて、ふと気が付いた。日本のレース界が何にもしないんじゃなくて出来ないんだ!と。
FIA-F4がレギュレーションで定める€33,000というキャッププライスも信じがたい数字だが、それが実現可能かどうかを検討できる経験もなければ技術水準にも無く、まして、量産が前提となれば生産体制(外注網などのインフラ)も想定外だろう。
まあ、何だかんだと言われつつも、童夢が動くしかない訳だが、しかし、そうして考えると、日本のレース界にとって、童夢という存在は貴重だと思えてくるし、私はもう、こんな、レース界に邪魔者扱いされるようなレーシングカー・コンストラクターは存在意義もないと思っていたから潰してしまおうと思っていたが、もし今、日本に童夢が無かったら、ヨーロッパから見た日本は全く東南アジアの近隣諸国と同条件となってしまう訳で、外車好きの日本のレース界の連中はさておき、私としてはちょっと待てよと言わざるを得ない。

私は、ずいぶん以前から日本の入門フォーミュラ・レースの東南アジアでの展開の必要性を提案し続けてきたが、どの自動車メーカーも興味を示すことはなかったから手付かずだったし、今更、違う方法でFIA-F4の進出を阻止するには甚だしく手遅れだから、私としては、せめてもF4マシンの生産者として参入し、いずれ日本にも上陸するFIA-F4を国産にしたいのと、出来れば、東南アジアをはじめとする世界のマーケットに対してシェアを拡げていきたいと思うようになっていた。
問題はやはりコストで、ヨーロッパのコンストラクターがこの価格でも検討できるのは、同種の既製品を流用できるから開発費が低く抑えられることが前提であり、また、インフラが整っているから量産の立ち上げに設備投資も不要だ。
また、東洋のコンストラクターが売り込むには何かセールスポイントが必要だが、コンペティターが流用品で開発コストを抑えにくるなら、童夢としては、あらゆる面で高品質なマシンを作って対抗したいので、かなり開発費が必要となるし、この開発費を製品に割掛けしていたのではコストが€33,000を超えてしまう。
つまり、開発費を無かったことにしないと成立しない訳で、もうはなからビジネスの体を成していないが、私は、このかなりの金額に上る開発費を自己負担してもFIA-F4には参入する決意を固めていたところ、私の運が良いだけの人生が幸いしたのか、思わぬ展開になりつつあり、この童夢のFIA-F4への参入が、日本の自動車レースにおける技術と産業の曙となるエポック・メーキングな出来事になるかもしれない・・・・・・という訳で、続きは、発表できる状況になり次第に順次、お知らせします。

しかし、ダラーラも参入を検討している中、もし我々が東南アジアに売り込みに行って、「あなたの国ではスーパー・フォーミュラにダラーラを採用しているが、童夢のFIA-F4がダラーラよりも優秀だというのなら、どうしてJRPは童夢のシャーシを使わなかったのか?」と聞かれるだろうが、我々としては、どう答えればよいのだろうか?悩むね・・・。