COLUMN / ESSAY / LETTER

今までの長きに亘り、様々なメディアを通して様々なメッセージを発信し続けてきましたが、その度に、敵は増えるは嫌われるは誰も聞く耳持たないは、何も良いことは無いものの、それでも、体の中に溜めこむだけではいずれ爆発しそうなので、圧力弁のように、時々、内圧を下げています。
一つ留意していただきたいのは、さすがの私も、最初からレース界の人達に向かって、アホだのバカだの猿だのと言っていた訳では無く、約20年前に日本の自動車レースの発展振興を唱えだした頃は、レース界の諸先輩にご理解いただけるようにと、それはそれは丁寧にご説明申し上げていたものです。
それから20年、同じことを言い続けているし、レース界は、その言った通りにマイナーなまま停滞しているのに、それでも耳を貸そうとしないレース界の人達には、そりゃ、私だって語気は荒くなりますし尊敬の念は薄れていきますしパドックは猿山に見えてきますから、結果、最近の私の文章を見た人は、これじゃ、伝わるものも伝わらないよねと私の表現にケチをつけます。
従って、これは20年間、同じことを言い続けて伝わらない人達への段階的にエスカレートしていった結果の表現である事にご理解いただければ幸いです。
どこかのコラムで、「私は猿山に向かって神の教えを説いている宣教師であり、周囲の人からはおかしい人と思われ、猿たちからは疎ましがられてバナナの皮を投げられているようなものだ」と書きましたが、この文章、気に入っています。