COLUMN / ESSAY

「童夢は強いの?弱いの?」―批判への批判―

私、幼少のみぎり、ラジコン飛行機に熱中していた時代には、夢中になって製作に没頭するものの、いざ完成して飛ばす段になると、下手だしすぐ落とすしたちまち飽きるし、あげくに、壊すのが嫌で飛ばしていない機体もあったくらいですから、もとより本末転倒です。
その次にハマっていたオーディオでも、機器を製作している間は夢中なんですが、完成後に聴くのは「周波数レコード」という30Hzから10000Hzまでの正弦波だけが収録されたレコードばかりで、ほとんどスピーカーから音楽が聞こえてくることは無く、これも本末転倒な趣味でした。
現在の趣味である釣りにおいても、道具と船には凝りますが、実際の釣行時にはほとんど操船していますから、まるで遊漁船の船長みたいなものです。
だから、そんな私に、レースの成績をとやかく言われても、ラジコンの操縦が下手だとか音楽の趣味が悪いとか責められているようなもので、感覚的にはほぼ他人事です。

このように、マインドとしてはほぼ造りっぱなしのようなものですが、そこはそれ、レーシングカーは勝ってなんぼの存在であることも理解はしていますし、特にSGTは戦歴が評価に直結していますから、営業戦略上も勝つことは必然となっています。
だから、最も勝てる体制を求めることは当然ですし、それが童夢である場合、自チームでの参戦はやむを得ません。
しかし、ここで忘れてはならないのが、自動車レースという競技は、車体を開発するコンストラクター、エンジン・メーカー、レーシング・チーム、ドライバー、タイヤ、オイル、ブレーキなどのメーカー、それらもろもろの要素の総合力としてレースに挑むのが正しい姿であり、童夢はその中の車体を開発するコンストラクターに過ぎません。
LOLAもDallaraも直接のレース活動は行っていないように、本来は、それぞれの要素が均等に発展して、支えあい、共に発展する形が理想的ですが、日本の場合、ドライバーOBの独善的な仕事づくりと、勝負と責任から回避したがるメーカーのサラリーマンたちによって、ほとんどの自動車レースはワンメイクによるドライバーの育成が目的となっていますから、そこには、レーシングカー・コンストラクターも優秀なエンジニアも必要ありません。
そんな変則的で偏った日本のレース界だから、自動車メーカーがF1やルマンに挑戦する場合、すべからく外国の技術に頼らざるを得ないし、ルマンで勝てるようなレーシング・チームも存在しないし、いくら育てても外貨を獲得できるようなドライバーも現れない、そこにはなにも無いブラックホールのような世界です。

つまり、今の日本には、日本製のレーシングカーで世界最高峰の自動車レースを制覇してやろうと言う気概も無ければ、そんな体制を構築できるだけのインフラも経験も見識も無く、童夢の成績がどうのこうのと言う遥か以前の問題であり、私は、この環境下から、日本製のレーシングカーがルマンに参戦することだけでも、ある意味で奇跡だと思っています。
現実問題として、今年の童夢のルマン挑戦に必要な数億円の予算も全て持ち出しでしか実現できないし、どこからも1円の収入も伴わない完全な道楽でしか成り立たないお大尽遊びにしか過ぎませんから、それだけを見ても、誰かに対して義務を負っているとか勝つ責任があるとか、そんな気持ちは欠片も持つことが出来ませんし、また、PESCAROLO TEAMに委託せずに自チームで参加しろと言う声もありましたが、ルマンの前哨戦であるSPAとSGTの日程が重なっており、事実上、日本のチームやドライバーの参加が不可能になっています。我々は、カレンダーが発表されたときに愕然としましたが、その後においても、誰もそれに気づきもしないし非難の声も上がらないのは、誰も日本のチームがルマンに挑むことなんか頭の片隅にもないという事の証でしょ?それが現実です。

また、ルマンの予選にしか興味が無いことも責められますが、総合力としてルマンでの勝利を考えるとしたら、AUDIのように、前提として複数台の参戦がマストとなるし、メンテナンス性の向上のためにがピットに穴を掘ってレース後に修復して帰ったり、サーキット内にホテルを建設したり、大枚の契約金でトップドライバーを獲得したり、若手ドライバーに経験を積ませるために、あらかじめポルシェのGTチームでルマンに参戦させたり、数百本作ったドライブシャフトを検査して優良な数十本だけ残したり、それはそれは大変な努力もしているしお金も使っている訳で、それだけの資金力が無いのならルマンに出るな!と言われたら、私は、一生、ルマンに近づくことさえも出来なかったでしょう。
まあ、勝ちたくない訳ではありませんが、勝てないから出ないという判断よりは、私にとっては、出来る範囲でルマンを楽しむと言う選択は間違っていたとは思っていません。

まあ、そういう訳で、コンストラクターの童夢にとってのレース活動というものは、ほぼ刺身のつまのようなものですから、レース結果にそれほどの思い入れがあるわけではありませんが、では、童夢の戦歴って、そんなにひどいものなんでしょうかね?
まあ、連戦連勝していれば誰からも何にも言われないんだろうとは思いますが、私は、童夢の置かれた環境から鑑みれば、こんなところが精いっぱいじゃないかと自己分析しています。

この表はルマンにおける童夢の近年の予選での結果を表示しています。2006年からは、ヨーロッパでのエコカー事情を背景にヂーゼルエンジンを搭載したAUDIやPeugeotが登場し、特別に優遇されたこの2車以外に優勝の権利は無いという実情はご存じだと思いますが、黄色はそのヂーゼルエンジン車を示しています。ブルーはワークス・チームのガソリンエンジン車、そしてオレンジが童夢です。
別に言い訳では無く、ヂーゼルエンジン車とガソリンエンジン車の格差はあまりに露骨で、まるで、日本のSGTCのGT500とGT300のような速度差がありますから、もとより勝負にも何もなりません。
だから、この表の2006~2008年から黄色を省いて童夢のポジションを見てみてください、それが最近の童夢の予選での成績です。
東洋からやってきた貧乏なプライベート・チームの成績としてはそこそこじゃないかと思うのは手前味噌に過ぎるんですかね?
私にしてみれば、「こんな予算でこんなポジションに食い込んでいる日本のコンストラクターが居るんだ!こいつらにわが社のエンジンを積ませて、ちょっと予算を与えたら、ルマンで優勝するんじゃないか?」と考える自動車メーカーが出現しない方が不思議でたまりません。

ついでに、童夢のオリジナル・シャーシで参戦していた2003年から2006年までの全日本F3選手権の成績についても検証してみたいと思います。
ご存じのように、このプロジェクトは、HONDAのワークス・チームとしての参戦であり、HONDAは全日本F3選手権への参戦理由として「日本人ドライバーの育成」を標榜していましたから、基本的には、フォーミュラ・ドリーム(FD)のスカラシップの対象となっていました。
つまり、ろくにセッティングも知らないド素人をHONDAのF3ワークス・チームに起用して、しかも、目標はシリーズ・チャンピオンなんて冗談をこいていた時代でした。
しかも、HONDAのF3戦略にはある一定の周期があり、何年かごとに「何が何でもチャンピオン」と「日本人ドライバー育成」が入れ替わります。

ちょっと、ダラーラ時代の童夢の戦歴を振り返ってみましょう。

95年 本山 哲 シリーズ2位
96年 脇坂寿一 〃 1位
97年 脇坂薫一 〃 4位
98年 佐藤琢磨/松浦佑亮 ――――
99年 金石年弘 〃 2位
00年 S.フィリップス/井出有治 〃 1位
01年 B.トレルイエ 〃 1位
02年 小暮卓史 〃 1位
注)98年は佐藤が途中退場となったので記録なし。
「日本人ドライバー育成」に専心していた97~99年の間、チャンピオンを取り逃したHONDAは、00年からは「何が何でもチャンピオン」に方針を変更して外人ドライバーの採用を認めるようになりました。
その結果、02年の小暮を含めて3年連続でシリーズ・チャンピオンを獲得しましたが、そこでまた方針変更となり、2003年度からは「日本人ドライバー育成」が絶対条件として返り咲くことになりました。

細川慎弥は、2001年のFDでシリーズ・チャンピオンを獲得し、ご褒美としてイギリスのF3選手権に参戦しました。鈴鹿しか走ったことがなくセッティングの経験もない細川が、激戦区のイギリスに行ってまともに戦えるわけも無く、ろくでもない成績で戻ってきましたが、HONDAのたっての希望で、その細川を、2003年の「LOLA童夢F106」のデビューイヤーに乗せることになってしまいました。
当時の細川は、まだまだHONDAのワークスF3チームをチャンピオンに導けるような器ではなく、これ以上の成績は望むべくもない状況でした。

年間、1億円近い開発費を投入していた我々は(HONDAからはダラーラと同額分だけ頂いていましたが)大変にがっかりして、「このままTOYOTAに勝たせっぱなしでいいのか!」とごねまくって、やっとFDスカラシップから外してもらい、J.P.オリベイラを採用することになりました。
J.P.オリベイラは、2004年度の全20戦中、実に16戦で予選1~2位をゲットし、やっと「LOLA童夢F106」の驚異的な速さを実証できると思われたものの、ほぼ全戦においてスタートに失敗して、通常、PPから飛び出せばほぼ抜かれることのないF3で優勝は6回に留まりシリーズ2位となってしまいました。
その為に、結果しか見えない人たちにはダラーラより遅いという印象を持たれてしまったようです。

この結果から、今後への期待が膨らんでいた我々ですが、不幸にも、2005年度は、またもやHONDAの方針変更となり、再度、日本人ドライバーの育成にシフトされたために、2004年度FDチャンピオン・ドライバーの武藤英紀が起用されることになりました。武藤は、3年間ほどイギリスの超入門フォーミュラの経験はあるものの、前年がFDですから、レベルとしては細川と大差はありませんでした。
2006年度も、2005年のFDチャンピオン・ドライバーの塚越広大が起用されましたが、塚越はFDを全戦優勝でチャンピオンを獲得したために、大変に大きな期待を持って迎えられたものの、やはり、いままでのFDチャンピオンと大きく変わるところは無く、いずれのドライバーも、HONDAの望むところである育成に終始したという時代でした。

童夢オリジナルF3シャーシの戦績 〈HONDAワークスチーム〉


これらのドライバーたちも、その後はそれぞれに活躍を続けていますから、ここで彼らの才能についてとやかく言っている訳ではなく、ドライバーの育成プロセスにこそ問題があったと思っています。
カート→FD→F3というコースは、一見、理想的に見えますが、カートとFDは全く違う乗り物ですし、セッティングを教えない鈴鹿しか走らないFDと全日本F3選手権は全く別物のレースです。そんな走行会レベルのFDでいくらチャンピオンを獲得しても、どう転んでも、TOM'Sの連れてくる速い外人ドライバーには勝てるわけはないし、それでも、どうしてもFDドライバーをF3チャンピオンにしたかったら、2カー体制で1年目はセッティングや他のコースでの経験を積ませて2年目に勝負させるべきです。
このような反省を踏まえてか、最近のFDでは少しずつセッティングの範囲が広まっているようですが、今となっては後の祭りです。

どう考えても、FD上がりのドライバーが、単独で、しかも1年という期限の中でシリーズ・チャンピオンを狙うという浮世離れした発想のHONDAワークスF3チームは、速いとか遅いとか勝つとか負けるとか、そんな事より遥か以前の、自動車レースをなめるなよ!という次元の話だと思いますし、「いやいや、純粋にドライバーの育成に専心している」というのであればレース結果は問題にはならなかったはずで、その後の2007年、FDドライバーがなかなかチャンピオンになれない原因が童夢のオリジナルF3マシンにあると考えたHONDAは、急きょ、強引なる手法をもってしてまで新チームを結成して、田中 弘監督も移籍させ、しかも、ダラーラの2カーを与えたことと矛盾します。
しかも、そのチームのその後の成績はご存じのとおり、07年に2勝、08年に1勝を上げたのみであり、ほぼ枯れ木も山のにぎわい状態です。
通常、この状況を冷静に分析するならば、童夢の時代、この種のドライバーが、強力なTOM'Sのドライバーに伍して比較的上位をうろちょろ出来たのは、ひとえに「童夢F107」の速さのおかげだったと考えるべきなんじゃないのでしょうかね?なんか間違っていますか?

さあ、いかがでしょう?ちょっと見方が変わりましたか?また言い訳ばかりと思いましたか?まあ、それぞれの立場からのいろいろな見方があって当然ですが、日本で唯一の本格的なレーシングカー・コンストラクターである童夢という存在は、我が国においては、良きにつけ悪しきにつけ浮きまくっています。
童夢は、日本の自動車レースが外国と戦う場合、必要不可欠な技術やインフラをからくも保持している唯一の企業です。しかし日本のレース界は、まるで、このパンドラの箱を開けてしまえば、せっかく、輸入車とドライバーの育成だけでごまかし続けてきた、戦いを避けた安穏たるぬるま湯の世界に悪魔が降臨するのを恐れるがこどく、誰もこの箱を開けようとはしません。
だから、現実問題としては、自動車メーカーがF1やルマンに挑戦する場合は、金だけ出して外人に頼むしかなく、結局、日本のお金で外国の技術はますます向上し産業もますます発展し、反面、残された日本は、ますます格差が開き置いてけぼりとなっていきます。
そんな環境で、外国に金を垂れ流している日本の自動車メーカーは応援できて、孤軍奮闘、日本の技術を死守している我々の弱体ぶりを批判する人たちの心理は私には図りかねますが、まあ、正直なところ、童夢もそんな大義名分を掲げてレーシングカーを造っている訳ではなく、本質的には、近所の八百屋のオッチャンが、ざるの金を持ち出して作ったラジコン機で大会に出ているようなものでし、それを見ている一般の観客が、「もっと上手く飛ばせ!」とか「優勝できないなら参加するな!」とかヤジを飛ばしているようなものですが、しかしこのオッチャンも、家に帰れば、家族から金をくすねた事を非難されて肩身の狭い思いをしながらギリギリの状態で参加しているかもしれないし、ビルダーが作品を見せびらかしたくて参加しているだけかも知れないし、拍手しろとまでは言いませんが、ラジコンファンなら、微笑ましく見守ってあげればいいんじゃないでしょうか?という話でした。 よろしく。

林みのる Feb.20.2012