COLUMN / ESSAY

「これも日本の自動車レース」シリーズ その③ -レース界評論-

「SUPER GTの未来はあっちかこっちか?あるのか無いのか?」

SUPER GT第8戦もてぎは、幸い、天気は維持して観客の入りもそこそこだったようだが、私は、そこでいろいろな人と話をし、いろいろなニュースや噂話を聞いている内に、だんだん気分が落ち込んできて、レーススタートの頃にはサーキットを後にした。
私には、それらの話のほとんど全てが理解できなかったし、もしそれが正しいことであったとしたら、そこは、私の居るべき場所では無いと思えた。
もっとも、日本のレース界は昔からそういうところだったから今に始まったことでは無いものの、近年、特にそのような傾向が顕著になっているようで、日本の レース界は、ますます私の望む方向とは反対に向かって加速を強めているように思える。
今までも、GTに特定の外国製ギアボックスを指定したり、FCJやFNに外国製のシャーシを導入したり、FNやGTに外国製のハイブリッド装置を導入しょ うと言う話や、とにかく、日本のレース界の人間がしたり顔で話を始めると、それは必ず、物やシステムの輸入の話であり、それしかない。
だから私は、そのような流れを少しでも国内の方に向けることによって、日本の技術と産業を育成し、その結果として、日本の自動車レースが発展する方向に誘 導しょうと努力を続けてきたが、まあ、今回のもてぎのサーキットでも私は超浮いた存在だったし、外国万歳のこの世界で私の言葉に耳を傾ける人も少ない。

まあ、いつもの愚痴はこれくらいにして、もてぎに向かう途中で聞こえてきたのがTOYOTAのルマン挑戦計画 だ。皆様は、またぞろF1の時のように外人集めて資金を海外に垂れ流すのか!と批判すると思っているだろうが、TOYOTAでこのプロジェクトを牽引して いる人たちは昵懇の仲なので、個人的理由で批判はしないし、陰ながら成功を祈るというスタンスで見守ることにしたい。まあ、英語で言えば opportunismというところか。

サーキットに到着してから聞こえてきた噂は、またぞろ青天の霹靂みたいな話で、一度、葬り去った妖怪がゾンビになって蘇ってきたような懲りない話だった。
日本自動車レース工業会は、今年から、GTAからの要請に応じて技術面からのアドバイスなどを中心に側面からの支援をすることになったので、レギュレー ション問題などに関してのお手伝いを始めているが、昨今の中心的な課題は海外の類似カテゴリーの導入方法についてであった。
特に、DTMの導入についてはかなりのリアリティをもって進められていたようで、ITRの関係者も頻繁に来日するなど、一時は、今すぐにでも始まりそうな 勢いだったが、両者の話にはかなり我田引水的な食い違いがあったり、混走させるための技術的な問題点も多々あったので、そんなに簡単にまとまりそうな話で は無かった。
その内、ITR側から巨額の参加料の話が出てきて、瞬間的にこの話はご破算になったと思っていたら、その後も水面下でごそごそと根回しを続けていたようで、今回のもてぎで、またぞろゾンビが復活してきたという訳だ。

公表されていないことが多いので、ここで詳しい内容を暴露する訳には行かないが、そもそもDTMなんて、初期のDTM(Deutsche Tourenwagen Meisterschaft)が崩壊して
ITC(International Touringcar Championshi)になり、それも崩壊して、第2期DTM(Deutsche Tourenwagen Masters)として復活したものの、それも風前の灯だったところが、BMWが参加してくれるという事でやっと息をつないだというふらふらのレースであ り、比べて、18年間に亘り安定的に開催を続けているSUPER GTとは比べ物にならない脆弱なイベントである。
それが、対等に話をしようと言うのがそもそもおこがましい上に、巨額の参加料を要求したり、部品を買わせようとしたり、GT500と同等以上のパフォーマ ンスを条件としたりと考え違いもはなはだしいのに、そのDTM様を日本にお招きすることに奔走努力しているITRの走狗のごとき日本人レース関係者もい て、こんなバカげた話もなかなか消えてはくれない。
日本側からITRに提出される書類の表記をとってみても、それはそれはへりくだった表現方法で、その心根から推測するに、軒先貸して母屋を取られるのは時間の問題だ。
そうなってしまったらSUPER GTはSUPER GTでなくなるし、「IKEA」の日本代理店になってアジアでIKEAを展開しょうとしても、それならアジア諸国は直接IKEAの代理権を取りに行くだろ うし、そこには何のメリットも残らない。
それに、FIA-GT3と同様、またぞろ外国の技術を育てて産業を振興させるだけで、一切、手を触れてはいけないGT3や海外の技術ベースのDTMが増えれば増えるほど日本の技術分野は疲弊しレース産業は衰弱していく。

以前から、日本自動車レース工業会がGTAに提案しているのは、これだけ長きに亘り安定的に継続してきた日本のトップカテゴリーに自信と誇りを持つという事である。
ヨーロッパの都合でころころ姿を変えてきた脆弱なレースとは一線を画して構えるべきであり、GT3やDTMの導入に画策するよりも、SUPER GTをアジアのメインカテゴリーとして普及させるというくらいの夢と希望を持つべきだ。
とにかく、導入するしないはどちらでもいいが、導入するとしても、GTAの得意技であり最大のノウハウなんだから、GT3はGT300よりも1秒、DTM もGT500より1秒遅いハンデを付けて、それでも良ければどうぞと言うだけでよいし、ITRと何の交渉をする必要も無い。
まあ、GTAの坂東社長は理解してくれているのだろうが、まだまだ、外国の傀儡となる事に喜びを感じている外国崇拝派の先輩がうごめいている間は、なかな か思いどおりにはいかないようで、歯がゆい思いをしていることだろう。しかし、ここはひとつ、きっちりと収めてほしいものだ。

林 みのる