COLUMN / ESSAY

「今日、S-GTは自動車レースを捨てた。」 -レース界裏話-

かわいいTAKATAレースクィンの神谷みくちゃんが、唯一の救い。

14時15分、今年最初のGTレースがスタートした直後、私はそっとサーキットをあとにした。つもりが、9番ゲートの直前で、Quattroporteの ギアボックスが2度目の故障で動かなくなったのでサーキットに逆戻り。同じ京都のGIMGAINERの田中慶治を、無理矢理、早く帰らせて便乗することに した。
久しぶりのサーキットだったが、親しい人が一杯いてウキウキするような気分が無いことも無いものの、今回はなんか、みんなの魂が離脱しているような、本当 は知らない人が特殊メイクして知人を演じているような、すごく落ち着かないような、ここに居るべきでないような、とてもおかしな感覚に苛まれていた。
土曜日の夜のキックオフ・パーティでも、「予選惜しかったね」、「頑張ってね」、「明日は大丈夫だろうな?」、「暖かそうなのでタイヤが心配です」など、 関係者の集まりにも関わらず普通のレースの前夜のような会話が平然となされていて、とても強く違和感がまとわりついてくる。なにしろ、とても居心地が悪 い。

今回のレースは、GT-Rがポール・ツー・ウィンすることになっている。
だから、一般ファンはともかく、関係者はそんな真剣勝負みたいな盛り上がり方をしなくてもいいはずなのに、これって演技してるの?マジなの?って、素人芝 居のエキストラをやらされているような気恥かしさが居心地を悪くしているのだ。しかし、そういう時間が長く続くと、一体、誰がどこまでこの茶番劇を理解し ているのだろうという疑問もわいてくる。

SUPER GT は旧JGTC 時代から、科学的理論的とはいいがたいレギュレーション変更を繰り返してきた。簡単にいえば、前年度速いマシンがあると、もっともらしい理由を付けて遅く して性能の均衡化平準化を図ってきた。このもっともらしい理由も稚拙なものだから、いかにも理不尽で不公平感の払しょくできない場当たり的なやり口だった が、06年などは、その基本的な車両レギュレーション変更においても調整が追いつかないと、スポーティングルールまで変更し特別性能調整なる極めて複雑怪 奇な手法をねつ造してまで「性能の均衡化」に腐心してきた。
JAFやGT-A は、これらの安直なバランス調整によって今日のS-GTの繁栄があると信じており、あれほど関係者から問題視され1年で撤廃されたGT500 特別性能調整なる手段を、またもや違う形で再導入してきた。

S-GTの関係者はよく自嘲的に、「S-GTはプロレスだ」と言うが、本気でそう思っているなら、安直な性能調整を続けて 自動車レースもどきを演出し続けるのも勝手だが、1000歩譲って、抜きつ抜かれつのバトルを演出するのは良いとしても、性能調整の名のもとに速いマシン を遅く出来るという事は、当然、遅いマシンを早くも出来る訳で、これを特定のマシンを勝たせるために使いだしては、遺伝子を操作して人体を改造するに等し いタブーを犯すような、自動車レースを冒涜する愚かな行為である。

昨年、鳴り物入りでGT-Rが再登場した。この車は過去にツーリングカー・レースで49連勝と言う金字塔を打ち立てて伝説になった車だから、S-GTでも負ける訳にはいかない。
ここからは、どこまでが戦略なのか偶然なのかは想像するしかないが、まず昨年、09年から実施される、総体的には現行規定よりやや不利になるレギュレーションが発表された。
しかし、関係者間でどのような話し合いがもたれたのか知らないが、なぜかGT-Rだけが、08年から、09年レギュレーションのメリットの部分だけを採用 した、つまり、いいとこ取りのマシンでの参加が認められることになった。特認車だからOKということらしいが、このままでは2秒以上は速いと思われるの で、当然、何らかの性能調整がなされるものと思っていたら、関係者間でどのような話し合いがもたれたのか知らないが、ノーハンデでの登場となった。

もっと不思議なのは、あの悪評高かった特別性能調整が復活したことだ。魚介牛豚野菜の出汁が重層的に複雑に絡み合ったニューウェーブ・ラーメンのように、一口食べただけではさっぱり何の味か分からないような難解な味わいは、以前にも増して奥深くなっている。
今回の特別性能調整は、一口で言えば、最初の2つのレースで特定の車種が一定以上の速さを示した場合、シーズンを通して最大60kgのウエイトハ ンデを積むと言うものであるが、まあ、こんなルールを完全に理解し頭の中で修正値を代入しながら特定のマシンを応援できるようなファンも居ないだろうから、以下の説明部分は読む必要も無いが、一応、要約すると下記の通りである。

① TNH各社の参加車両の決勝レース中のベスト10LAP の平均値を算出し、車種毎にグループ別けし、この平均値が最も少ない(速い)クルマを各車種の代表車とする。
② 全車中ベスト10LAP の最速車が優勝し、尚且つ優勝車と同一車種が2位もしくは3位に入った場合は、当該車種は全車、Rd.2より特別性能調整ウエイトなるハンディキャップを 背負う事になる。ウエイトの計算方法は、優勝車のベスト10LAP 平均値と、最も遅かった車種の代表車のベスト10LAP平均値のタイム差を用い、パーセンテージ計算する。
計算結果によるウエイトの割り振りはRd.1鈴鹿において0.17%あたり10Kgとされ、例えば平均値LAP差が約1秒の場合で50Kg程度のウエイトとなる。ちなみにこのウエイトはシーズン中下ろすことができない。
③ 上記条件がそろわない時、つまりベスト10LAPの最速車が優勝しなかった場合、もしくは、最速車が優勝したが、同一車種が同時に2 台表彰台に載らなかった場合、性能調整はRd.2まで持ち越しとなる。
④Rd.2まで持ち越しとなった場合であるが、Rd.1での各車種代表車と代表車種中最遅車との差分におけるパーセンテージを車種ごとに計算する。代表車 が3車種中最遅車であった車種のパーセンテージは0となる。同様の計算をRd.2においても行うがRd.2においては、Rd.1の成績により本特別性能調 整と別の通常のハンディーキャップウエイトを搭載されるので、搭載された車両は10Kgあたり0.13%の補正値を与えた状態をその車両の計算基準とし、 各車種グループ内での代表車を選定する。従ってRd.1の代表車(最速車)とRd.2の代表車が必ずしも一致するとは限らずまた、Rd.2では上述の補正 値が加わるためグループの最速車が代表車になるとも限らない。
⑤ ④で計算されたRd.1とRd.2の各大会における3車種代表車によるパーセンテージの平均値を求めこの値を持って各車グループごとの代表値とする。この 代表値が最も小さい車種が最遅車とされ、最も大きな値の車種が最速車とされる。最も大きな代表値を持つ最速車種は最遅車との差分に応じ0.15%あたり 10Kgのハンディーキャップウエイトが決定される。この計算割合はRd.1、Rd.2の平均値で約1秒程度速かった場合50Kg程度のウエイトとなる。 Rd.1で最速優勝したがRd.2で非常に遅いとウエイトは半減される可能性がある。
⑥ ⑤で決定されたハンディーキャップウエイトの搭載適用はRd.1、もしくはRd.2での最速車が当該大会で優勝した場合次大会Rd.3より適用される。こ の2レースにおいても最速車が優勝しなかった場合のウエイト搭載時期はGT-A委員会判断となる。

GT-Aの資料があまりに難解なので、開発担当の中村に要約してくるように命じたら以上の文章が出てきたが、まだ難解なので、もっと解り易く説明しろと言うと、「実は私もまだ理解できていません」という事なので理解はあきらめた。
だから、これが素晴らしいアイデアなのか、稚拙な数字のお遊びなのかは理解の外だが、要するに、第一戦で1,2フィニッシュした途端に、今年のチャンピオ ンの権利を喪失することは確実なようなので、これで真剣勝負をしろっていう方が無理だろう。もっとも、何の縛りも無い予選でもNSXは50Kgのハンデが 効いて止まりも加速もしなかったから、もとより真剣勝負にもならないが。

しかし、デビューウィンを宿命づけられているマシンにとっては、みんなが遅く走ろうとする第一戦は、はなはだ都合のよい展開であり、以後の60Kgのウエイトさえ甘受すれば、ただ普通に走っていれば自動的に優勝するという算段だ。
もともと2秒以上のアドバンテージのあるマシンだから、この60Kgのハンデも致命傷にはならないし、この60Kgを最初から受け入れることにより、本来、有利な09年レギュレーションに課せられるべきハンデからも逃れやすくなる。

もし、NSXがこのレースに正々堂々と勝負に臨み、首尾よくポール・ツー・ウィンを成し遂げ1,2フィニッシュでもした日 には、24点のポイントと引き換えに、60Kgの特別性能調整、10Kgのポール賞、50Kgの優勝ウエイト、合わせて120Kgものウエイトが副賞とし て付いてくる。しかもこの内60Kgはシーズン中何があっても降ろせない。ちなみにNSXは、昨年のチャンピオン獲得の副賞としての50Kgがあるので合 計170Kgとなり、シーズン中下ろせないウエイトは110Kgとなる。つまり、NSXは、開幕戦にポール・ツー・ウィンを果たした瞬間、事実上、 2008年のタイトル争いの可能性はほぼ無くなるという事だ。例年と同じく追加ウエイトの上限は100Kgと決まっているが、今年に関してはこれを越す重 量の場合は重量換算によるリストリクターの小径化を施すといった念の入れようだ。
このように、およそ通常の戦いとは別次元のカラクリによってチャンピオンシップが進んでいき、GT-A関係者が憧れる、リングの中央で漫然と相手のとびけ りを待っていたり、ロープから飛び降りても決して膝がろっ骨を折ったりしない、いかがわしさに満ち満ちた怪しいプロレスに限りなく近づいているようだ。

かくしてGT-Rが優勝することはモナド論でいうところの予定調和みたいなものだったが、この神の意思の神とはいったい誰 だったんだろう?これがその神による予定調和だったとしたら、本当の神と崇めたてまつる価値のある程の、巧みで優れて効果的な戦略で感心するばかりであ る。
そして、これも予定通り、GT-Rの完全勝利を絶賛するだけのメディアのパブリシティーがGT-Rの復活神話を確かなものにしていく一方、本物の勝者はま すます見えにくくなっていき、技術力より悪知恵のほうが勝利には欠かせない要素になってきたようだ。
その、粛々と進行するシナリオの中で、サーキットには、抜きつ抜かれつやラップタイムに一喜一憂することが何故か気恥かしいような雰囲気も漂っており、こ の心躍るスペースはなんとも居心地の悪い場所になってしまった。関係者の戸惑いがこれからのS-GTの行方を暗示しているようだが、今日、S-GTは自動 車レースを捨てた。