COLUMN / ESSAY

「烏賊一杯の幸せ」 -レース話-

先週、私は友ヶ島水道に居た。右に淡路島の洲本、左に和歌山を見ながら、その間に点在する友ヶ島や沖ノ島の周囲は鯛釣りのメッカだ。西宮ヨットハーバーから2時間弱、曇りがちだが穏やかな天候は絶好の釣り日和で、私は、始めての鯛釣りに熱中していた。
いつもジギング中心なので、なれない手つきで餌をつけている最中、オートポリスの中村から電話が入った。
「#8が#23に追突されて部品が外れそうになり、#8にオレンジボールが出されたのですが、追突した#23にはお咎めは無く、またその後、#23も部品 が外れそうになっているのに関わらずノーペナルティです。両件とも競技長に善処を求めていますが動きそうもありません。」
現場の悔しさや無念さは充分に理解できるが、私にとっては問題の観点が違う。「放っておけ、好きなようにさせろ」と電話を切った。
それよりも、中村の長い話を聞いているうちに、餌が弱ってきたので付け直さなくてはならない。一番竿を目指す私は、あわてて仕掛けを落とした。

今週はホームである若狭湾で、そろそろお出ましのぶりを狙っての釣行だ。今日は波も風も無く気温も温暖で最高のコンディ ションだ。こういう日は、魚の宝庫、天然の生簀と呼ばれている冠島まで足を伸ばそう。天気が良いせいか沢山の釣り船が来ている。いかにも爆釣の雰囲気バリ バリで、みんな、船足が止まるのを待ちかねてルアーを投げ込んでいた。
そんな浮き浮きとした至福の時、もてぎの中村から電話が入った。
「FNの車検で、あろうことか、車検委員が他チームに車検計測データを漏洩しました。ワンメイクレースではセッティングだけが勝負どころであり、こんな事をされては技術的努力は全て無駄になります」
現場の悔しさや無念さは充分に理解できるが、私にとっては問題の観点が違う。「放っておけ、好きなようにさせろ」と電話を切った。

魚の宝庫、天然の生簀のはずが、全く当たりが無い。無駄にルアーの往復だけが続く最中、今度は、F3チームの田中監督から電話がかかってきた。
「ライバル車が明らかにレギュレーション違反を犯している。社長の無抵抗主義は理解しているが、これは観念的な問題ではなく明らかに物理的に寸法を違反し ているし、性能的にも非常に効果的な部分なので、これが許されるのなら、まともな開発行為は意味を成さなくなる」との強い提訴の要求である。
童夢としては自主的には動かないが、GTと同じく、クライアントであるHONDAの意向に従うように回答し、私はまたルアーを投げ込んだ。

日本のモータースポーツを改善する方法は山ほどある。ただし、モータースポーツに携わる人たちがもう少し小賢しければだが。モータースポーツに一身をささげるほどの崇高なメンタリティーも犠牲的精神もいらない。
どうせモータースポーツをやってるんだから、もっと儲かって、もっと世間の注目を浴びて、もっとステイタスの高い仕事にしたいとかいうような下世話な欲望 でもいい。それがいくら下世話な欲望であれ、強い欲望であれば、ベクトルとしては改善に向かうだろう。
単なる「好き者」の集まりである日本のレース界の人たちは、自分自身の個人単位のメリットデメリットには聡いが、所詮、趣味の人たちだから、与えられた環境の中での自分の立場の拡大には興味があっても、環境自体の改善に対しては他人事だ。
私はよくパイに例えるが、「みんなでモータースポーツという小さなパイを奪い合うより、みんなでパイを大きくしてから、たらふく頂こうよ」という提案は、はるか届かない。

基本的に、真剣勝負であるはずの日本の自動車レースを茶番劇にしてしまうような大変に稚拙で幼稚なレース運営の根本的な問 題を棚上げにしたまま、個々の瑣末な出来事の瑕疵を云々すること自体がばかげている。ワールドカップの審判を小学生に任せておいて、お前らのジャッジはお かしいと不平たらたら言っているようで見苦しい。私たち自身がまともな環境で自動車レースをやっているつもりなら、まず、正確なジャッジメントが行われる 環境を構築することから始める必要があるだろうし、改革する必要性を感じていないのなら、唯々諾々と従うしかない。それだけのことだ。
私はこの十年、JAFは日本のモータースポーツの発展にとって「不必要悪」だと言い続けてきたが、レース界は関心を示さず現状維持を支持してきた。だか ら、童夢としては、日本でレースを行う以上、全てのジャッジには無抵抗に従うことに決めている。
それが、日本のレース界が望んでいる姿なんだから。

真っ青な秋空と穏やかな水面に佇む冠島は美しいが、魚は釣れん!!午前中にさわらが一本揚がっただけで、だれのロッドにも 当たりが来ない。日も暮れてきたので帰途に着き、途中、無線で拾った情報を頼りにあおり烏賊を釣りに行ったら、これが爆釣で、いままで見たことも無いよう な大きなあおりをゲットした。
家内からは、ぶりはたれ焼きがいい?沖すきにする?とうるさくメールが入ってくるし、さわらで帰る訳には行かないとあせっていたが、これでイカ好きの家内にとやかく言われることは無いだろう。刺身と焼酎がうまかった。