COLUMN / ESSAY

「いっそG-1と改名しませんか」 ―レース話―

先回のJGTC最終戦よりシケインの通過方法が変更になり、競技車両は130Rを抜けてからのストレートから最終コーナーまで、まっすぐシケインを 突っ切ることが出来るようになりました。その間、ダートを走るので抵抗も多いと思われますが、JGTC最終戦ではテールツーノーズでトップ争いをしていた 2車のうち、先行していた#12 GT-Rのほうがこの新コースをトライし、後方から追い上げていた#18 TAKATA童夢NSXのほうが従来のまとも にシケインを通過する方法をチョイスした結果、シケイン進入直前にはほぼ連なって走行していた#12 GT-Rの方がかなり間隔を広げてコースに戻ったた め、この方法の方がかなり優位であることも実証されました。
いままでもこのようなケースの場合、緊急避難的にコースアウトしてしまったのちコースに復帰することは出来ますが、復帰にはまともにコース上を進行してい る車両の走行を妨げないようにしなければならないし、また、コースアウトしたことがまともにコース上を走行している車両より有利な状況(近道みたいなケー ス)を生む場合はペナルティの対象になると考えられていました。
これがペナルティとならなければ、一旦、コースを外れた車両が復帰を急ぐ場合、まともなコースを進行してくる車両と絡まる可能性は非常に高くなり大変に危険です。また、通れる所はどこを通っても良いというのなら、これからシケインの走り方なんかは一変してしまうでしょう。
こ れからはダートを疾走するZとか、ラリー的な要素も加味されてきますし、また、コーナーでのせめぎ合いによるクラッシュ以外にも、コース外から突っ込んで くる車両との激突なんかも多くなるでしょうから、ファンにとっては益々面白さが増すレースになることは間違いありません。まあ、大変に危険度の増すドライ バー諸君にはお気の毒なことではありますが。

先回のレースで変更されたレギュレーションで、もうひとつ注目すべきところは、レース中のプッシングが自由になったと言うところです。
これはもう、そこらここらでマシンがくるくると回ることになりますから、観客の皆様にはとても面白いショーになるはずですが、なによりコンストラクターに とってこれほど有難いご配慮はありません。昨今の不況続きのご時世に高価なCFRPのボディパーツが飛ぶように消費されるのですから、これはたまりませ ん。
以前、#18 TAKATA童夢NSXが勢いあまって先行車両に追突したときは、きっちりとペナルティを取られましたし、我々も当然の処置と理解していま したので指示に従いましたが、そう言えば、いつぞやのレースでフォーメーションラップ中に#8 ARTA NSXに追突されたおかげで、結局、修理の為に ピットインを余儀なくされてレースを失ったことがあります。思えば、あのころからプッシング自由ということにレギュレーションが変更されていたんですね。
チームもドライバーもこのルール変更は知らなかったようで、いままでの常識とルールに則った状況判断から#12 GT-Rがヒットしてくるとは思っていなかったようですし、ヒットした以上は当然ペナルティが与えられるものだと思っていました。
ただし、今回のルール改正にはすこし解釈の難しいところもあり、このようなケースの場合には、「わざとじゃないポーズ」とか、「防ぎきれなかった」という ような言い訳とかが必要とされ、その演技度によってはペナルティが与えられたりもすることもあるらしいので、これからのドライバーには今までにはなかった 演技力や表現力なんて能力も要求されるようになり、ろくにインタビューにも答えられないようなドライバーたちには、これまたお気の毒としか言いようがあり ません。
しかし、これで演技力に磨きをかけておけば、リタイア後に俳優に転向なんて道が開けるかもしれませんので、将来、寿一とジャッキー・チェンのカーアクションなんてのが観られるかもしれませんね。

もともとが、無理やりにでもいろんな車両を戦わせるプロレスのようなレースといわれてきたJGTCですが、こういう無法化ともいえるルール改正はより以上の格闘技化を目指した戦略なのでしょうか?
肉体と肉体のぶつかり合いでも怪我をしますが、車体と車体のぶつかり合いでは怪我どころでは済まないケースも考えられます。こうなってきたら、いっそう本当のプロレスのように、すべてシナリオどおりの演技にしたほうが良いかも知れませんね。

林 みのる