COLUMN / ESSAY

「F1への最後の扉」 ―自動車レース論―

レイナードの倒産によって、フォーミュラ・ニッポン(FN)の先行きが心配されています。私としては、日本のビッグレースの動向はとても心配ですが、現在こ のレースに携わっている関係各位の皆様とは基本的な部分で考え方が異なり、絶えず私の考えている方向とは違う道を選んでゆくので、どちらがいいとか悪いと かは抜きにしても、だんだん自分の頭の中にある自動車レースの世界とはかけ離れたものになってゆき、今となってはなんだか浜松のオートレースを見ているよ うな気持ちになることもあるくらいです。
しかしこういう節目の時は、やはり、この機会に少しでも良い方向に向かってくれないものかと、期待を込めてひとこと言いたくなるのも人情で、レースを愛する者としてこれからのFNについてちょっと意見を述べてみたいと思います。巷ではいろいろな情報が飛び交っているようですが、まず、最初に決めておかなくてはならないのは、FNの未来に何を創造したいのかという明確なイメージだと思います。
現在、わが国には入門用フォーミュラとしてのSRS-FやFJ、F3への登竜門としてのFDやF・TOYOTA、そしてFNへのステップボードとしてのF3があります。
では、それらの階段を昇ってきた若者たちにとってFNは何のために存在するのでしょうか?それが頂点であるならば、その見返りは何なんでしょうか?通過点であると言うならば、どこに進めるようになっているのでしょう?
というような一般論に「そうだ、そうだ!」と少しでも納得された方は基本的に私とは考え方が異なります。実はこの問題を考えるにあたっては今まで述べたよ うな観点だけでは非常に片手落ちであり、この際、もっともっと根っこの部分についても論議を尽くしておく必要がありそうです。

私は以前から自動車レースは「自動車の競争」だと言いつづけて来ました。言い尽くしてきたのでここでは詳しく は述べませんが、日本の現状は「自動車による競技」が通念となっています。ここはドライバーの腕比べだけを偏重した特殊な世界ですから、ここでは自動車 レース産業や技術は必要とされていない、と言うより邪魔者扱いです。
だから、この形では自動車レース産業などからの資金の流入は望めませんから、本来は、興行としての価値をいかに高めるかだけが成功の鍵となるはずです。
しかし私は、魅力に乏しいワンメイク・レースのようなものを舞台に、単にドライバーが腕を競い合うと言うことだけをネタにした興行がどれほどの価値や魅力 を持っているのか非常に疑問ですし、例えそこそこ客が入ったとしても、それだけで経済的にトップカテゴリーを維持するだけの力にはなり得ないと思っていま す。
反対に「自動車の競争」の場合は、構造的に自動車メーカーやタイヤやオイルメーカーなどの自動車レース産業の闘いとなる訳ですから、チーム側の運営予算も 膨張するかも知れませんが、動くお金の総量も大きくなって、結局はレース界の受益部分は増大するものと考えます。
私はこれが本来の自動車レースの姿であり、そうであるがゆえに他のスポーツと比較して
も大きな予算が必要とされる所以だと考えます。
基本的に、ラケットやクラブだけで競技できる他の一般的なスポーツと同じ観点で自動車レースを論じようとすること自体に、大きな間違いがあることに一刻も早く気づくべきです。
現状、レース関係者は口をそろえてワンメイクは好ましくないと言いながらも、結局はワンメイクにならざるを得ないようなレギュレーションやシャーシの選択 方法しか話としては出てきませんし、興行としてのFNが行き詰まりつつある状況下、関係者の気持ちがあまりに萎縮してしまって、とにかくお金をかけたくな いというマイナスのスパイラルに巻き込まれているようで、低コスト=ワンメイクだけが正論であるかのごとき錯覚に陥っているというところでしょうか。
しかし、FNより遥かに人気の高いJGTCの出場車が全てNSXだったらどうなるのでしょう? 本来、GTよりはるかに高い技術レベルが必要なるがゆえに あんなにスパルタンな格好をしているFNのフォーミュラカーが、GTとは比べ物にならないほど先進技術とは程遠い存在であることをどれだけの人が認識して いるのでしょう。 外国製のワンメイク・シャーシを使うことによって、全てのレース技術とレース産業が衰退してしまうという事を考えたことがありますか?それに、貴方にはワ ンメイクのF1やル・マンが想像できるのですか?

では、改めてお聞きしますが、FNは何のために存在するべきなのでしょう。
正しい日本のトップカテゴリーのレースであるFNの理想像を語るとすれば、それはもちろん、自動車関連企業の技術力研鑚の場であり、PRの場所でなくては なりません。自動車関連企業がここで培った技術と感性が本当の意味でのF1への参加資格となるべきです。
また、ドライバーにとっても、これからの若者がFNという日本の頂点だけで満足する訳もなく、技術者と同じく、FNは単なる最終目標への通過点であること は明白ですから、そうであれば、やはりここは「F1への最後の扉」というコンセプトしか考えられません。
ドライバーにとっては、現状、ヨーロッパでもF1への正規ルートがF3からのジャンプアップとなり、ここのところ、その存続すら危うい国際F3000クラ スをいまさらコピーしても、それがF3よりガタイが大きいという理由だけでは、しょせん日本という限られた地域でのお山の大将を作るのが精一杯で、世界規 模から見れば無意味で魅力の無いローカルレースになってしまうでしょう。
このチャンスに世界中のF3卒業者が次に目指すような魅力的で有意義なレースをいかに創造するかが、今、JRPに課せられた重要な課題だと思います。
こんな重要な転機に、いまだに低コストだけをメリットとして、どこかの既存のワンメイク・シャーシを推薦している人たち、それも業との馴れ合いが見え隠れ するような視界の狭い話はもう止めにして、いかにすればFNを世界に冠たる立派な自動車レースにできるかという夢を語ってほしいものです。
この夢物語を現実のものとするためには、どうしても高度な専門知識をもった専門家のノウハウや情報分析が必要です。特にシャーシ、エンジン、タイヤに関しては必要不可欠でしょう。
CFRPのモノコックひとつを例にとっても、入門用フォーミュラ用の百数十万円のものから、F1用のその何十倍も高価なものまであります。
そりゃF1だもの、と言われそうですが、FDでもF1でも中にのっているのは同じサイズの人間ですから実際の大きさはそれほど変わりません。全てクオリ ティの差なのです。 あらゆるパーツがそうして出来ていて、結果的に一台につき数百万円から数億円以上までの価格差が生じます。
もっと難しいのは開発費です。これはソフト面のことですから青天井で、一口で言うと競争度によって決まると言えます。ワンメイクが価格的に有利なのは量産 により部品コストを抑制できるということもありますが、なにより開発費が軽減されるメリットが大きいからです。
またこれに、コスト/性能/耐久性という相関的要素も加わってきます。HONDAのSRS-FやFDは安全性の向上のために、初期の開発費とコストを犠牲 にしても品質を高めた結果、通常の数倍の耐久性が得られたので、結果的にコストダウンにつながったという事実もありますから、レーシングカーというもの は、高度な専門知識を持って充分な調査のもとに選択すべきです。

まだまだ、その他にもいろんな技術的な要素が複雑に絡み合って「何を作る」ということと「いくら」という関係は成立しており、私たちから見て、ハードウェアに対する専門知識や見識を持たないままFNの未来を語ること自体が非常にナンセンスだと思っています。
シャーシの価格はクオリティによって決まってくるものですから、安いシャーシはクオリティが低いというあたりまえの事実をよく認識し、安物を使う場合はそ れなりのレベルのレースを目指すべきで、仕入れの安い材料を使いながら一流料亭を装うようなギミックだけは避けてほしいものです。

F3000からFNへの転換期、当初は、ワンメイクとなった国際F3000に追従しないで独自のレースの形を 選んだまでは良かったものの、そうなると、国際F3000用のワンメイク・シャーシはFNでは使い物にならない上、もちろん、独自のFNシャーシはワンメ イクの国際F3000には投入できないという、いわば何の接点も無い二つのカテゴリーであるにもかかわらず、レギュレーションだけは安易に国際F3000 を流用した結果、独自車両であるにかかわらず国際F3000の亜流のように位置づけられている現状や、シャーシ開発における開発費と売上高のバランスを無 視して、複数コンストラクターの三つ巴の戦いを演出したつもりが(過去においてF2、F3000の時代にそういう現象もあったが、それは、当時は世界中で 同種のレースが開催されていて、コンストラクターは、その世界のマーケット相手に売っていたから、その一部が日本に入っていただけの話)、結果的には世界 で最も高価なワンメイク・シャーシが出来てしまったという誤算や、HONDAからのMLシャーシやロングライフ・エンジン供給の打診を門前払いしてしまっ た経緯、また、F3000の片方の立役者であったタイヤメーカーを排除してワンメイクタイヤにしてしまった事情など、全てをもう一度、客観的な立場から検 証してみたら、JRPの思考回路の一部か一部の人か知りませんが、案外、壊れていた「部分」がはっきりと見えてくるかもしれません。
レイナードが倒産して嫌でも何かを決めていかなければならない今、お金が無いから何か見栄えの良い適当なシャーシを探すというような短絡的な発想ではな く、この際、明日のFNを創造するという希望に満ちた方向性をどうか真剣に追求していただきたいと願って止みません。

詳しい内容に関してはここでは述べませんが、それでは、シャーシを失ったFNに、今後、どのような手立てが考えられるのでしょう。ここではFNの基本理念は無視して考えられる選択肢を列挙してみました。

出来合いのワンメイク用シャーシを探す。(全チーム総入れ替えとなる。改良を禁止するワンメイクの精神から、ますますFNの技術レベルは低下する傾向)
現行のレイナードに加えて、国際F3000用のローラを改良し、また必要であればレイナードに多少ハンディを加えることにより混走を可能とする。(最も安い方法。現行ローラは以前と比較してかなり出来が良くなっているので、レイナードとの性能差の調整は容易)
2003年より総入れ替えとなるIRLの2002年モデルの中古シャーシを一括購入する。(エンジンをどうするか別途協議する必要あり。メタノールからガソリン使用への改造が必要。もてぎでのレースが可能)
2003年から投入される新IRLシャーシを導入する。(この際、エンジンも同じ物を使っておけば、将来、アメリカのトップレースとの交流が可能となるだろう。但しオーバル仕様のためシャーシは約4000万円)
無限、ジャッド等を基準とした4リッターエンジン用ニューシャーシによる新しいカテゴリーを創立する。(シャーシ約3500万円、エンジン約2500万円と少々コストアップとなるが、確実にF1の真下に位置するカテゴリーとなる)
毎度おなじ みの童夢提案、ワンメイク・モノコックとギアボックスによるセミオリジナル・シャーシの採用。(数年前の当初の提案時以来、DTMやIRLで同等の方法が 採用され始め、現状ではそれほど特異な方式ではない。コストダウンとともに技術面での発展を促し、レース関連産業の振興にも寄与する。開発は25%風洞に 限定することによって、ムーンクラフト、東京R&D、矢島工業などの設備が活用できる。当然、一人勝ちになるから童夢は参加しない)
消えかけの蝋燭の芯をちょっと引っ張り上げるような延命策としては、現行レイナードの部品を国産化して引き続き使用することは簡単に出来る。
F3のリストリクターを外したり、タイヤサイズを変えたり、大幅にチューンナップしてFNに格上げする。従来のレギュレーションによるF3レースはそのまま継続させる。(速さはかなり変えられると思うが、しょせん形が同じでは両立は難しいかも)
このように選択肢はいろいろと考えられる訳ですが、とは言いつつも、夢は夢として、現状を鑑みるにFNが選べ る道はどう考えてもひとつしか無いでしょう。 今年、レイナードの新車を買ったチームも少なくありませんし、まだまだ新しいシャーシがたくさん活躍している現状で、これを総入れ替え出来るわけも無く、 かと言ってこのままバッタ物となってしまったレイナードを使い続けては日本のトップカテゴリーもない訳ですから、②の国際F3000ローラの導入しか考え られません。
先のローラは使い物にならずに敗退してしまい日本での評判は良くありませんが、現行の新型ローラは外観、性能ともかなりよくなっているようですし、詳しく 調べてみないと何とも言えませんが、ある程度の改良によってかなりレイナードに近い性能まで引き上げることが出来そうです。最後の詰め切れない差はレイ ナードに10~20Kgのウェイトハンディを課すこと等によって調整すれば良いでしょう。
倒産したレイナードはやがて自然消滅して、いずれ、全てがローラになりますから、その間に次の延命策を考えてください。あくまで間つなぎとしての方策でしかありませんかが、いずれにしてもFNの未来を語る前に、まずJRPは正しい思考回路を整備することが先決だと思いますよ。今度こそ正しい指針を示されんことを切にお願いしたいと思います。

林みのる