とっておき!お蔵入り企画集

Ocean Fry

Ocean Fry

Ocean Fry

Ocean Fry

Ocean Fry

Ocean Fry

Ocean Fry

南の島でのちょっとした空き時間や入り江で小魚を釣りたい気分の時に便利なミニボートがほしくなったので、いろいろとカタログを見ながら購入を検討しましたが、どんなボートも輸送に問題があり、沖縄に持って行くだけでけっこう高くつきます。
問題は、一人でオペレート出来る宅配に載せられるかどうかで決まるという事なので、宅配業者が一人で積み降ろしできる大きさと重さ目標に開発、しかも、エンジンも内蔵出来て一瞬で展開収納が出来る構造を考えました。
そうして完成したOcean Fryは、高度な機能と高級品としての風格を兼ね備えた趣味性の高いボートでありながら、気軽にどこにでも連れていける取り回しの良さを兼ね備えた「スー パーマシン」ですが、理想を追求している内に、知らず知らずの間にコストは限りなく上昇し、ほぼ理想に近いボートが完成した時には原価が200万円を超え ていました。
コンペティターの商品が軒並み15~30万円のグレードの中で、いくら高級品と言えども、これでは1艇も売れないことは明白ですから、完成と同時にお蔵入りとなりました。
ただし、試作品の数艇は残りましたから、初期の目的である、私が使うためのボートは完成しました。